Charm of Coyote.

今年らしいカラーリングで再構築した、粋なColeman。

多くのアウトドアファンを虜にするColemanとのコラボレーションがついに実現。BBQにキャンプ、登山など、「思う存分楽しむためには、丈夫かつ気の利いたデザインのギアが必要だ」と年々強く感じるようになったが、そんな大人にもフィットする仕上がりに。アウトドアを都会的に楽しむといういまのムードにぴったりのギアが、これからの外遊びをどのように盛り上げてくれるだろうか。

Photo_Arata Suzuki[go relax E more](model), Kazumasa Takeuchi[STUH](item)
Styling_Naoki Ikeda
Hair & Make-up_Taro Yoshida
Model_Hao[friday]

こだわりが詰まった限定カラー。

EXCURSION COOLER ¥4,968

OUTDOOR WAGON ¥16,956

RESORT CHAIR ¥5,940

※画像の商品はサンプルです。
実際の商品と仕様、加工が若干異なる場合がございます。

別注したのは、アウトドアシーンに欠かせないクーラーボックス、ワゴン、チェアの3つ。Coleman本来の機能性はそのままに、限定色の“コヨーテ”でボディの色を統一した。ミリタリーな風合いのあるこの色は、米軍の軍服などにも使用されているベージュに近い明るめなブラウンが特徴。ファッションシーンでも近年注目されている色のひとつだ。

チェアの端に入ったブランドネームとフレームはブラックにすることでコヨーテの柔らかさが引き締まり、全体的に洗練されたイメージに。URBSが提案する都市型アウトドアの配色の代表例ともいえる。

バッグに荷物を詰めてしまうと、重いし、かさばるし、取り出しにくいこともしばしば。ワゴンならひと目で中身がわかるし、車輪がついているから持ち運びも楽々。収納力が高く、手持ちのアウトドアグッズや食料、遊び道具まで入れてもまだまだ余裕のある大きさのワゴンは、1つあるだけでさまざまなアウトドアシーンをカバーしてくれそうだ。

アウトドアにとらわれない自由な着こなしを。

この日はギアのコヨーテカラーと同系色のパンツをベースに、トップスはホワイトのビッグTシャツをチョイス。小物に選んだハットとエプロンを淡めのベージュで揃えて、全体の色のバランスを調整した。少しモード感のあるつば広の麦わら帽子やキッチンで使うエプロンも、使用シーンを制限せずアウトドアスタイルにも積極的に取り入れたい。アウトドアも日常の延長として捉えることで、スタイリングのバリエーションが広がるのかもしれない。

コヨーテで揃えた3つのギアは、自然とシーンに溶け込み、風景やコーディネートを決して邪魔しない。機能性や実用性を妥協することなく、おしゃれにアウトドアを楽しみたいという人におすすめしたい。流行り廃りが激しいアウトドアシーンにおいて、この先ずっと付き合っていけるギアといえるだろう。

SHOP NOW