URBS Style Snap

服好き達の “今の気分”

すっかり秋めいて肌寒くなってきました。服好きばかりのURBSチームはようやく秋服が着られて毎日嬉しそうです。今回は各々のスタイルで”今の気分”を表現していただきました!

参考になればうれしいのですが、個性的なメンバーなのでどうなるのか…でも「あぁ。本当にこの人たち服好きなんだな~」と思っていただければ幸いです。是非最後までご覧ください!

No.1

展示会で一目ぼれをした
プルオーバージャケット

Select Items

Ai

URBSのバイヤー。独自の感性でバイイングした商品は唯一無二な存在感を放つ。名の通りみんなから「愛」されるキャラクターにも注目。

Styling Points

展示会で一目ぼれしたプルオーバーのジャケットを主役にスタイリングしました。仕立てがすごくきれいで上品なイメージなのですが、カチッとしすぎないのが、ジャケットが苦手な私にはちょうどいいんです。

肩パッドもいいんですよねー。(取り外し可)このジャケットに甘目のワンピースを合わせてMIX感のあるスタイリングにしました。この季節だからこそ、明るい色目のワンピースを選びました。

No.2

最近の僕の気分は
「クラシック×テック」。

Select Items

Yoshimi

URBSのEC営業担当。ここ最近はバイイングに挑戦するなど、営業の枠に留まらない活躍をみせる。諸事情がありボウズになった。

Styling Points

伝統的な洋服は昔からずっと好きで今でもよく着ていますが、それらに所謂テック系といわれる機能的な洋服を合わせるの今年の気分です。テックウェアの最高峰”ACRONYM”を主に、KAPTAIN SUNSHINEの極美トラウザー、インナーにはPOLYPLOIDのアルパカニットポロ、足元はローファーで。僕の永遠のマイカラーはグレーなのでインナーのニットポロのメランジ感がポイントです。

いつものスタイリングもそうですが、少し違和感が出るように意識しています。ぽくなりすぎるのは恥ずかしいので、テック系アウターを着る時はスニーカーは履きませんし、テック系パンツを履く時はジャケットを羽織ります。
どこまで伝わるかわかりませんが、僕なりのクラシック×テックです!

No.3

この秋一番待っていた
コラボレーション

Select Items

Kim

URBSのブランド担当。何かと話題の韓国ブランドを企画、販売を担当した中心人物。最近URBSのサブリーダーに任命?された。

Styling Points

この秋一番待っていたコラボレーションthisisneverthat×Dickies!thisisneverthatが得意なミリタリーやワークベースのストリートを演出するのが得意なので、かなり男らしい雰囲気のラインナップになります。ジャケットからインナー、パンツまであり、トータルコーディネートできますので、

色さえ決まってあればユニフォームのような感じで急いでる時に迷わず来ていただけます。僕の場合は個人的に好きな色の組み合わせのネイビー×グレーにしてみました!また、足元がワークブーツになるとワーっぽさがすごいでてしまうので、スニーカーで締めました!

No.4

王道スタイリングの中に
なにか違和感を

Select Items

Furuhashi

URBSのブランド販促。一見とても落ち着いているが、実は一番の若手。持ち前のコミュニケーション能力を活かしシームレスに仕事をこなす、みんなの弟的存在。

Styling Points

王道なスタイリングの中に何か違和感を入れるのが自分のスタイリングを組む上でのルール。キレイめな中にボロボロの古着を混ぜ込むなど、天邪鬼なスタイルが好きです。今回のスタイリングではキレイめ定番のステンカラーコート、BDシャツにツイードのパンツを合わせて全体的にクラシックにキレイ目にまとめました。

そこにエスニックな雰囲気のスカーフを足すことで違和感を作っています。また、段々とジャストサイズが気分にはなっていますが、オーバーサイズのシャツにオーバーサイズのコートを合わせているところも”あえて”のスタイリングです。

No.5

とことんベーシックに

Select Items

Styling Points

オールシーズン着ることができるシェルタフタ素材のトレンチコートに、ざっくりボリュームのあるニットカーディガンを合わせました。ベーシックなアイテムにデニムを合わせて、

とことんベーシックに。そして素材感で季節感を出しました。このコートは中に大きいニットも着てもらえるので、スタイリングの幅もすごく広いアイテムです。