LOWERCASE  Yoshikage Kajiwara SPECIAL INTERVIEW
LOWERCASE  Yoshikage Kajiwara SPECIAL INTERVIEW

LOWERCASE Yoshikage Kajiwara SPECIAL INTERVIEW

クリエイティブディレクター 梶原由景氏が語る、
「日常の気づきを具現化するということ」Vol.1

LOOPWHEELER×LOWERCASE

URBS(アーバンリサーチ バイヤーズ セレクト)では、もはや定番であり毎シーズン大好評の梶原氏との別注企画。
今回は全3回でお送りするインタビューの第1回目として、「LOOPWHEELER x LOWERCASE LW ライトロゴスウェット」と「LOOPWHEELER x LOWERCASE ヘヴィウェイト吊り天竺ポケットTシャツ」について、URBSバイヤー兼ブランドマネージャーの村手 謙介を交えて話を伺った。梶原氏の“ひとりの生活者”としての視点と、“クリエイター”としての気づきから考えるものづくりの思いを紐解く。

梶原 由景
梶原 由景(Yoshikage Kajiwara)
1965年生まれ。「ビームス」を経て独立し、クリエイティブディレクターとして活躍。2015年11月、藤原ヒロシ 氏とコンテンツサイト「Ring of Colour」を立ち上げたほか、近年はアパレル関連企業の新規事業のコンサルティングに携わる。
村手 謙介
村手 謙介(Kensuke Murate)
URBS(アーバンリサーチ バイヤーズ セレクト)ブランドマネージャー。 学生時代からアーバンリサーチに勤務。現在はメンズバイイング・商品企画など様々な業務を担っている。

大人が「着たい」と思えるモノを考える

ITEM01 LOOPWHEELER x LOWERCASE LW ライトロゴスウェット

梶原:URBSの企画は、いつも何気ない会話の中から生まれることが多いと思います。 僕自身が持っている古着でRUSSELLのボディにL.L.Beanのロゴ刺繍が入っているものがあるのですが、例えばLOOPWHEELERでそれができたら面白いのではないかと話していたんですよね。

村手:展示会の帰りに何気なく話していた内容ですよね。梶原さんは普段から価格帯問わず色々なモノを身に付けている話をしていて。その中にL.L.BeanやLOOPWHEELERもあったり様々なのですが、そういう自分なりのミックス感は大切ですね。

今回スウェットの中でも最高峰といわれるLOOPWHEELERに刺繍を加えるというのは、今までない仕様です。梶原さんが別注する企画は、ブランドの良さを活かして新たに加えるということを常に考えられていますよね。 ロゴがあることで少しアメカジ風でもあり、Vガゼットがないので上品さも出ています。

LOOPWHEELER x LOWERCASE LW ライトロゴスウェット
LOOPWHEELER x LOWERCASE LW ライトロゴスウェット Price_¥18,150 (tax incl.)
LOOPWHEELERのアイデンティティである「Claiming Authenticity(世界一正統なスウェット)」をスウェットの左胸に施し、首元のVガゼットを排除したデザイン。

梶原:後から出てくる商品もそうですが、“大人が着れるモノ”という視点で考えました。 ある程度ゆったりしたシルエットだったり上品さだったり、素材も良いので年齢を重ねた人でも「着たい」と思えるモノに仕上がっているのではないでしょうか。

村手:インラインでは大きめなプリントもあったりしますが、小さいロゴはないので、大人の人でも着られますよね。LOOPWHEELERは着心地も良いですし、たくさん着てもヘタらないです。総合的に見るとコストパフォーマンスはとても良いです。

オススメの着こなし

梶原:僕の別注商品同士は相性がいいと思うので、その中で組み合わせていただいても良いですね。暖かくなったらショーツや、中にTシャツを着ても良いと思います。

村手:URBSの他の商品との組み合わせでしたら、8月に梶原さんとの新たな企画でLOOPWHEELERからショーツが出るので、スウェットのセットアップでスポーティな雰囲気にするのはオススメです。またブルーデニムで王道にまとめても合いますね。 あとはキレイめなロゴなので、スラックスと合わせてスタンスミスなどでまとめて、大人っぽくするのもオススメです。

自分が欲しいと思えるモノを作る

ITEM02 LOOPWHEELER x LOWERCASE ヘヴィウェイト吊り天竺ポケットTシャツ

梶原:別注の企画をするときは、いつも自分が欲しいと思えるモノかを考えます。僕自身が真夏は大体ポケットTシャツが多いんです。なぜかというと、駐車場で駐車券が手元になくていつもあたふたしてしまうことがあるんですね。なのでポケットがあると便利なんですよ。
自分にとっての究極のポケットTシャツが欲しいなと思っていましたし、LOOPWHEELERならそれができるんじゃないかと思いました。

村手:LOOPWHEELERの定番で出ているTシャツは、薄手の生地で体のラインが出るようなシルエットなので、少しインナー仕様といいますか上級者向けのイメージを受けたんですよね。
今回のへヴィウェイトでゆるいシルエットのポケットTシャツというのは、インラインにはないです。昨今の着こなしでいうとゆったり着るのが増えてきていますし、1枚で着れるTシャツになったと思うのでぜひ使ってほしいですね。

LOOPWHEELER x LOWERCASE ヘヴィウェイト吊り天竺ポケットTシャツ
LOOPWHEELER x LOWERCASE ヘヴィウェイト吊り天竺ポケットTシャツ Price_¥13,200 (tax incl.)
ヘヴィウェイト吊天竺(コットン100%の20/2)を使ったリラックスフィットのTシャツ。ヘヴィウェイトでしなやかな気心地の素材が、体のラインを強調せずスッキリと見えるプロダクト。

村手:先ほどのスウェットもそうですが、ポケットTシャツは様々なメーカーが出しているので、とても低価格で買えたりもします。ただ我々の世代でそれを長く愛用するかというと違うと思いますし、こだわりが詰まっているので自信を持って着れますよね。これが出来たことでほぼ年中、梶原さんの商品で過ごすことができちゃいます(笑)。

梶原:とてもしっとりして肌触りが良いのはインナーでよくて、Tシャツはもう少しガサッとしているのが好みです。そういう意味でいうとこのヘビィウェイト吊り天竺のポケットTシャツは、目指していたTシャツになっています。

村手:他の天竺も着たりするのですが、身幅がやはりタイトで薄手なので、シャツの中かスウェットの中に着ることが多くなってしまうんです。また少しゆったりなショートパンツにタイトなTシャツだとアンバランスですし、着こなしが難しいです。
梶原さんが考えられるのは一貫して合わせやすさもあります。今回の別注商品も全て合わせられますし、もちろん他との組み合わせもしやすいです。

オススメの着こなし

村手:とても汎用的なので、ショーツやスラックスにも合いますし、ジャケットの中に着ても合います。なので1枚買ったら2枚目も欲しくなるのではないでしょうか。

NEXT INTERVIEW

次回は、「LOWERCASE×Gramicci 4way Stretch パッカブルショーツ」と「LOWERCASE×POET MEETS DUBWISE Another Trip T-Shirts」について、ショーツの通常発売に合わせて公開予定。

ぜひ次回も読んでいただき、ものづくりの思いを感じてほしい。